出版関連産業の現状と課題

出版関連産業の数ある問題のなかから、出版流通と表現規制の問題を中心にした概要と、労働組合の視点も反映させた7つの課題について取り上げています。憲法で保障された表現活動の現状や、そのもとで出版されている多様なジャンルの書籍や雑誌が、どのような流通経路をとおって読者に届けられるのか、またその過程で起きている諸問題をご紹介します。

出版関連産業の現況

2017~2018年の出版関連産業の状況について概要を述べます。この間に、出版業界を揺るがす問題が起きました。

続きを読む

出版物のデジタル化

急速に発展しているようにみえる「出版物のデジタル化」ですが、産業としてその実情はどうなのかを見ていきます。

続きを読む

表現の自由

「言論・出版・表現の自由」が保障される憲法21条がなぜ大切で、いまそれがどういう危機に晒されているのかを見ていきます。

続きを読む

出版に関する権利

出版物の著作者、発行者には権利があります。巷で行われているコピーは実は違法です。著作物の権利について見ていきます。

続きを読む

出版社・編集プロダクション・フリーランス

本(書籍や雑誌)の作り手にはどのような人たちがいるのかを見ていきます。

続きを読む

出版物の流通経路

書籍や雑誌の流通の仕組みと現状はどうなっているのかを見ていきます。

続きを読む

書店

気がついたら「最近、近所の本屋さんが店じまいをしていた」という話をよく耳にします。書店の現状を見ていきます。

続きを読む

教育・教科書

児童・生徒と教師にとって教科書や教材の役割は何か、また教育現場と検定制度についても見ていきます。

続きを読む

 出版関連産業でよく使われる用語解説

出版関連産業でよく使われる用語解説

工事中

リンク

書庫